自動車のレザーシートの修理

自動車のレザーシートの修理

ファブリックシートに比べ、レザーシートは汚れがしみこむこともなく、さっとふき取ることで水分を落とすことができるので、日々のお手入れをそれなりに行っていればファブリックシートより清潔に使い続けることができます。

 

水拭きしてもしみこんでいかないので、綺麗なまま、美しいまま使うことができます。

 

しかし、残念ながら自動車のシートは駐車中には直射日光にさらされることになりますので、どんなに丁寧に扱っていてもレザーのひび割れがおこったり、経年の擦れから傷がついたり敗れたりしてしまうことがあります。

 

本革巻きのハンドルなども同じことが言えるでしょう。

 

そのような場合は、内装修理をしてみるのはいかがでしょうか。内装修理では、新しい部品の交換するだけでなく、部分補修も可能です。レザーシートのひび割れも補修してもらえます。新品のレザーシートを購入するのに比べたら、出費もかさみません。
自動車内装修理の専門業者に相談してみると、具体的な解決方法を教えてくれるでしょう。

 

詳しくは公式サイトをチェック http://interiorrepair.gifu.jp/
 
修復事例 選ばれる理由 料金表 会社概要 お問合せ